逆援交を求めるお金持ちの人妻というのは社会的地位が高く、周りからチヤホヤされて高慢な態度をとる事が多いです。しかし本当はマゾで仕事や外ではSなフリをしている事が多いです。
実際社長や役員など役職の高い人がSMクラブで調教されているのは良くある話です。
逆援交を成功させて継続的に儲けるコツをご紹介します。

食事の際はマナーを守ろう

いくら隠れマゾだからとしても食事や会話に関しては厳しいものがあります。綺麗に食事が出来ない、言葉遣いが汚い、スマホばかりチェックするなど人からみたら敬遠される行為は慎みましょう。特にスマホは電源を切って「貴方だけの時間」と言う演出を目の前でしてみてもいいでしょう。

セックスはサービスして全身リップでじらす

ガツガツしている男性は愛撫もそこそこにすぐ挿入しようとします。AVでは挿入シーンが多いので仕方ありません。しかし女性は前戯と終わった後の後戯を重要視します。まずMな女性が相手なので、セックスでも出来るだけイカせず、じらしておねだりさせてあげましょう。この時に注意するのが偉そうな口調にならない事。
「どうして欲しいんだ!」というより「どうして欲しい?イキたい?」という風にイタズラっぽく言いましょう。

クンニやキスは必須

男性の中にはタイプじゃない女性とのキスやクンニが苦手と言う人がいます。しかし女性は挿入よりもキスやクンニをして欲しい事が多いです。特に男性が嫌がるクンニを1時間程度できる男性は逆援交では喜ばれます。見た目に自信がない方は、クンニなどのペッティング技術をアップさせておきましょう。

相手が満足するまで射精しない

女性をしっかりイカせて満足させるまで射精しない方がいいでしょう。何回も精液を出せるなら大丈夫ですが、自分が射精して賢者タイムになると女性を放って置いてしまいます。こうならない為に女性が満足するまでは、自分の興奮を維持するためにイカない様にしておきましょう。
むしろお金を出してくれるお金持ち女性の性欲が満足したのなら、敢えて挿入しないでおくのもテクニックです。タイプじゃない女性との性交渉の際は効果的です。